ユネスコ世界遺産(UNESCO World Heritage Site)

ユネスコ世界遺産(UNESCO World Heritage Site)はユネスコで人類の大切な文化および自然遺産を保護するために指定したのだ。1972年11月第17次定期総会で採択された"世界文化および自然遺産保護協約"にによって決まる。世界遺産目録は世界遺産委員会が専門担当している。 世界遺産は歴史的に重要な価値を持つ文化遺産と地球の歴史をよく現わしている自然遺産、そしてこれらの性格を合わせた複合遺産に区分される。 世界遺産は次のような選定基準により選ばれて分類される。


文化遺産

##I. 独特の芸術的あるいは美的な業績、すなわち創造的才能の傑作品を代表する遺産.
##II. 一定の時間にかけてあるいは世界のある文化圏内で建築、記念物彫刻、関連芸術または、人間定住などの結果として起きた発展事項に相当な影響力を行使した遺産.
##III. 独特だったり極めて珍しかったりあるいはとても古くなった遺産.
##IV. 最も特徴的な事例の建築様式として重要な文化的、社会的、芸術的、科学的、技術的あるいは産業の発展を代表する養殖.
##V. 重要で伝統的な建築様式、建設方式または、人間住居の特徴的な事例として自然によって破壊されやすかったり逆行できない社会・文化的あるいは経済的変革の影響で傷つきやすい遺産.
##VI. 歴史的重要性や含蓄性が顕著な思想や信念、写真や人物と最も重要な関連がある遺産. 自然遺産 ##VII. 特別な自然美と審美的重要性を持ったずば抜けた自然現象や地域.
##VIII. 生命体の記録、地形発達と関連して進行中である重要な地質学的過程、または重要な地形学的、指紋学的特徴をはじめとして、地球社の主な段階を見せる非常に立派な事例.
##IX. 陸上、淡水、海岸および海洋生態系と動植物郡の進化および発達と関連して進行中である重要な生態学的、生物学的過程を見せる立派な事例.
##X. 科学的または、保全的観点で優れた普遍的価値がある絶滅危機種を含む所をはじめとして、生物多様性の現場保全のために最も重要で意味のある自然棲息地.